しつこくて困る

乾燥した季節や紫外線が強い日、雨の日など。髪のパサつきがきになりませんか。私は常に髪のパサつきに悩まされていました。

 

折角洗髪してトリートメントなどで髪をケアしてもどうしても髪のパサつきが出てしまうのです。

 

しかも季節や天候などでダメージ具合が左右されるのでケアする為の用品を揃えるのも大変です。費用も掛かるし、その金額も決して安価とは言い難いです。

 

当然と言われてしまえばそれまでかもしれませんが、美容用品ってヘアケアだけではないし、どれも馬鹿に出来ない程の値段のものばかり。毎月かなりの出費になってしまうんです。生活をする上ではできれば削れるところは削りたいっていう気持ちもあるんですけどね。

 

やはり女性にとっては見た目を気にするのは当たり前です。例えそれが若い世代であろうが、中高年と呼ばれる世代の女性だろうが、関係ありません。美しい見た目にそれなりに拘ることは当然のことですよね。

 

何より髪がパサついてツヤもなくボサボサしてると、見た目を老けて見せてしまうから致命的です。朝起きた時にクシが通らずに引っ掛かって多くの毛が抜けてしまったり、指どおりが悪くて硬い、艶がないなど嫌な思い出を挙げるとキリがありません。

 

こういうのって冬の乾燥の時季におこりがちなものってイメージですけど、それ以上に嫌になるのが夏まのです。日差しの強い季節にUVカットスプレーを肌以外にも頭全体にかけますが、やっぱり髪がカチカチに固まってパサつきますし、スプレーなどの代金も高くつく。

 

こんな悩みが少しでも改善されればと思い潤いを保てる方法を調べてみたのですが、お手入れがしやすいと思えたのが洗い流さないタイプのトリートメントでした。

 

 

洗い流さないトリートメント

普段と同じトリートメントをしているのになんだかいつもより髪の乾燥、パサつきが気になる・・・、洗髪後の髪の絡まりや抜け毛につながってダメージを感じているという悩みを感じている方も多いですよね。

 

そんなときにうってつけなのが、洗い流さないトリートメントです。洗い流さないトリートメントには種類が何種類かあるので、ご自分の髪の状態に合わせて選ばれるといいと思います。

 

まず、枝毛が多くダメージが気になるほどパサつきが気になる方は、オイルタイプをおすすめします。

 

このとき、使用するタイミングにも工夫しましょう。おすすめなのは、タオルドライ後のしっとり濡れた髪にこの洗い流さないトリートメントを使用しましょう。完全に乾いている状態よりも、少し湿っている状態の方がオイルの浸透が良いのです。

 

ダメージほどではないが、パサつきが気になる方には、スタイリング前にミルクタイプの洗い流さないトリートメントをお勧めします。

 

スタイリング前に使用することで髪のパサつきが抑えられ、まとまりのあるスタイリングになりますからね。

 

 

何を基準に選べばいい?

通常のトリートメントは髪に塗布した後に洗い流さなければいけないですが、洗い流さないタイプのアウトバス製品は付けたままの状態で、キューティクルをケアする事が可能です。

 

種類もたくさんありますが、100%植物油のヘアケア剤、ジェル状でシリコンやポリマーを配合した化粧品、それをの性質を混合させて作って乳白色にしたアウトバストリートメントがあります。

 

どれも髪にメリットを与えますが、使える物が多過ぎて選ぶのに困ってしまいがちですよね。

 

選ぶ基準としては、「刺激が少なくナチュラルに近い製品」を基準にしていくのがおすすめです。

 

刺激が少ないという事は化学物質の使用を控えているという事です。成分記載表を確認して、何を配合しているかしっかりと見ておけば、後々に悔やむ事もなくなります。因みにナチュラルな洗い流さないヘアケア剤は、100%植物油の物が代表的です。

 

完全無添加のオイル、アルガンやホホバ、カメリヤは髪のキューティクルを保護します。保湿効果も高い上に、持続力があるのも強みです。乾燥肌には適した油ですが、油性肌の人は避けなければいけないです。

 

最後に匂いですが、化学香料ではなく、エッセンシャルオイルを配合したアウトバストリートメントは、刺激が少ない傾向があります。なるべく化学成分を避ければ、かゆみや湿疹に悩む可能性はかなり抑えられるはずですよ。

付け方のコツ

洗い流さないタイプのアウトバストリートメントは、髪の毛をしっかり修復してくれる上にダメージから髪を守ってくれるので愛用している人も多いですが、トリートメンの付け方にコツがあるのはご存知でしょうか。

 

まず大事なことは、つける量と範囲です。つける量は多すぎず少なすぎず、適量を心がけるようにしてください。また、頭髪全体にトリートメントをつけるのではなく、毛先から毛の中心部分までを主につけるようにするのがコツです。

 

頭皮の近くにつけると脂っぽく感じることもある上に、頭皮湿疹や頭皮のかゆみの原因になることもあるので地肌にはつけないように注意しましょう。

 

また、夜の洗髪後のブロー前にトリートメントをつけてケアする人は多いと思いますが、髪の毛の傷みが気になる場合には日中に使用しても構いません。

 

その場合も、くれぐれもつけすぎには注意しましょう。つけすぎると髪の毛が重くなりスタイリングがしにくくなる恐れがあります。また、トリートメントをつけた後には軽くブラッシングをしてトリートメント成分をムラなく浸透させるのも付け方のコツの一つになります。

 

現在は様々なタイプの洗い流さないトリートメントが市販されていますので、自分の髪質にあったものを選んで正しく使い、美髪を目指して行きましょう。

トリートメントの適量はどのくらい?

洗い流さないトリートメントは、流さないため、長く髪を守る効果と補修作用が続き、結果として髪を美しく健康にします。ただし、つけすぎるとべたつきを招きますので注意が必要です。

 

先ほど紹介したオイルタイプ、ミルクタイプの他にも細かく見ていくとクリームタイプ、ミストタイプがあります。

 

オイルタイプは髪を熱のダメージから守る効果が高いトリートメントです。

 

ミルクタイプは保湿効果が高く、髪を柔らかくします。

 

クリームタイプはしっとりしなやかになる効果が期待できます。

 

ミストタイプはサラサラでライトな仕上がりに比較的しやすい印象です。

 

オイルやミルク、クリームタイプは、タオルドライした後につけます。種類や商品、髪の長さによって適量は異なりますが、まずは1プッシュ、ロングヘアでも2プッシュ程度の量を手に取って、髪の毛先を中心に少しずつつけてなじませます。足りなければ少しずつ足すようにしましょう。また、基本的には頭皮にはつけないようにします。

 

ミストタイプは髪全体に軽くスプレーします。

 

 

※どのタイプを使ったとしても、使い続けているうちにご自身の髪に最適な量がわかってくるはずですので、様子を見ながら調整してみてください。


おすすめ

 

ラフィー

 

ラフィーのトリートメントは、潤いとまとまりを重視する場合はクリームタイプ、艶とサラサラ感を重視したいときはオイルタイプというように、あなたの目的によってタイプを選択できるのが特徴となっています。
髪質や長さだったり、ヘアスタイルによって理想は変わってくると思いますし、ヘアスタイルをよく変えるという方ならこのトリートメントのような使い分けられるものだと使い勝手も良くなりますよね。
一本あたりの内容量も150mlとたっぷり入っていますし、価格と内容量で見た場合のコスパはピカイチですね。

 

>>ラフィーの詳細はこちら

 

 

シュクルン ヘアストレート

 

タオルドライ後の半乾きの状態で塗るスタイリングジェルですが、2種類のストレートコート成分を入れてるのが特徴です。それと髪を熱から守るヒートコート成分もしっかり配合されています。
塗った後にドライヤーでブローする必要がありますが、アウトバスタイプのトリートメントを塗った後の髪の重い質感が気になるという場合にはこちらを選択すると良いかもしれません。
30日間の返金保証もついてて、もし自分の髪質に合っていなさそうだなと感じたら返金を受けることもできます。サロンでの縮毛矯正のコストがネックだと感じている方にとっては試してみるには良い機会となると思います。

 

>>シュクルン ヘアストレートの詳細はこちら

 

 

ディープモイストオイル【mogans】

 

@コスメのアウトバストリートメント部門で1位に選ばれたこともある人気のオイルです。
トリートメントとしてだけでなくボディ用オイルとしても使用OKなので、頭皮の乾燥が気になる時についでに塗れるっていうのが便利ですね。
キャップのところにスポイトがついていますし、量も調整しやすいですよ。

 

>>ディープモイストオイルの詳細はこちら

 

 

リシリッチ


洗髪後のドライヤーの使用も含めて想定した上での髪のコンディションを整える成分選びをしてるっていうのがこのトリートメントのキモといえると思います。
美容成分の種類もかなり豊富に使われていますし、ダメージや細毛が特に気になってて、他の商品ではあまり効果を感じられなかったという方ならぜひ一度試してみてほしいトリートメントです。

 

>>リシリッチの詳細はこちら

 

 

ブリリエルCMCミスト

ヘアケア 通販

 

ミストタイプのトリートメントですね。このタイプって髪への浸透力が物足りないって感じがちなんですが、これは粒子をナノ化しているミストですから塗り心地もじゅうぶん満足感を感じられるはずです。
お風呂上がりのケアではどうしても重くなりがちなら、朝の寝癖直しとしてシュッシュして潤い補給してみるといいですよ。
モッズ・ヘアの公式オンラインストアで購入することができます。

 

>>ブリリエルCMCミストの詳細はこちら